資本金1円の設立

資本金1円の株式会社設立の問題点

株式会社設立を行うためには、過去には最低資本金が1,000万円と定められていましたから、ハードルは少し高かったと考えられます。
しかし、現在ではこのような規制はなくなりましたから、資本金はいくらでも良くなりました。
極端に言えば、1円の資本金だけで株式会社設立をすることも可能です。
お金がないからこの方法を選ぼうと考える人もいるとは思いますが、実はそれにはもちろん問題点があります。

まず、認可の必要な事業を行えない場合があります。
派遣業や建設業などを行うためには申請を行わなければなりませんが、このときに資本金での基準が定められていますから、1円しか資本金のない会社では認可が下りないことがあるのです。
認可の必要な事業を行おうと思ったときには、その基準がどれくらいなのかを把握しておくことは必要です。
公的な機関がこのような基準を設けているのとともに、民間の企業も何らかの基準を設けていることも多いです。

たとえば、ある企業では資本金が300万円未満の会社とは取引しないと決めています。
すべての企業がこのような基準を定めているわけではありませんが、大手の企業なら何らかの基準を定めていることが多いです。
ですから、株式会社設立の時に資本金を小さくしすぎると、取引先が制限されてしまうという問題点が生まれます。
普通に考えて見て、資本金が1円しかないというのは、ふざけているとしか思えないのではないでしょうか。
あるいは、あまりにもお金がなくて仕方なくそうしたととらえられるかも知れません。
どちらにしても、会社の情報を見たときに資本金が1円しかないことがわかると、そんなところとは取引したくないと考えるのは自然なことでしょう。
お客さんとしても同じように考えるでしょうし、職を探している人もそう感じるでしょうから、問題点ばかりであることが分かると思います。

ですから、株式会社設立をするときには、あまりにも資本金が少なすぎると問題があると考えておかなければなりません。
極端に少ないと問題がありますから、やはりある程度は準備しておくべきでしょう。
しかし、高すぎるのは問題で、たとえば資本金が1,000万円以上になると消費税を納めなければならなくなりますから、キャッシュフローの面でも事務手続きの面でもデメリットがありますし、また法人住民税も跳ね上がると言うことも頭に入れておかなければなりません。
ですから、株式会社設立をするときには、数百万円くらいに設定しておくのが良いと考えられます。