電話番号への考え方

株式会社設立での電話番号への考え方

株式会社設立をするためには電話番号を確保することは必要なことの一つだと言えるでしょう。
携帯電話が普及している現在では、携帯電話だけで営業をすることもそれほど難しいことではありませんし、固定電話のある会社であっても、携帯電話だけで営業をすると言ったことも珍しくはありません。
ですから、携帯電話があれば良いわけなのですが、しかし、信用面を考えれば、やはり固定電話があった方が良いでしょう。
たとえば、名刺に携帯電話しか書かれていなければ、少し信用できないと考えてしまう人は多いのが現状です。
ですから、固定電話はあった方が良いと考えておいた方が良いでしょう。

ただ、あった方が良くてもコスト面との比較をしなければならないことも頭に入れておかなければなりません。
たとえば、個人事業主として営業をしていて、すでに携帯電話だけでお客さんとの連絡が取れて経営上何も問題がない場合には、わざわざコストをかけて固定電話を確保する必要はないでしょう。
コストが許すのなら固定電話を確保するという方針も必要です。
株式会社設立をするときには多くの資金が必要となりますから、ただ単に電話番号を確保するための目的でコストをかけるべきかどうかは、良く検討しなければなりません。
安く固定電話を確保するための方法はいくつかあります。

たとえば、IP電話を利用するのは良い方法だと言えるでしょう。
株式会社設立をするときにはインターネットの回線を確保することは多いですから、インターネット回線にオプションとしてIP電話の回線をつければ、コストを抑えて確保できるというメリットがあります。
IP電話は、通話料が安いですから、前項に営業をしたい人にとっては適しているでしょう。
固定電話は通話料が割高だという傾向はありますが、近距離にしか電話をかけないのなら、それほどコストアップにはつながりません。

株式会社設立の時に電話回線が複数必要になるのなら、たとえば一つは固定電話の回線を用意し、そしてFAXも同じように普通の電話番号で確保した上で、営業用にIP電話の回線を複数も受けるというのは良い方法だと考えられます。
株式会社設立と言っても、ケースバイケースで必用なものは異なってきますから、どうしてもコストを抑えたいというのであれば、IP電話だけを持つというのも良い方法ですし、さらにコストを下げようと思えば、プライベートで使用している携帯電話のみを利用するのも良い方法だと考えられます。