見せ金は詐欺です

株式会社設立の時の見せ金は詐欺です

株式会社設立をするときには資本金を準備することが必要です。
出資者から集めた資金が資本金となり、資本金が多ければ多いほど信用力の高い会社だと見なすのが一般的です。
いろいろな方法で資本金を高めることはできますが、良からぬ考えを持つ人もいます。
たとえば、一時的にお金を借りてきて資本金として払い込みをし、そして株式会社設立が完了してから借りた人にお金を返すというようにすれば、登記簿には大きな資本金が記載されることになります。
実際には動かせるキャッシュがないにもかかわらず、このようにして資本金を大きくすることを見せ金と呼びます。

このようなことを行っても、実際にお金がなければ資金繰りには使えないのですから、意味はないと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、これを悪用するといろいろなことができます。
たとえば、認可を受ける際に用いることもできます。
業種によっては、認可を受けるために一定以上の資本金が必要となる場合があります。

たとえば、1,000万円以上の資本金がないと認可が下りない業種の場合、実際にお金がなくても見せ金を使うことによって認可を得ることができるでしょう。
他にも、融資を受ける際にも用いることができます。
融資を受けるときには、審査の過程で資本金をチェックされます。
資本金の金額は登記簿に記載されますから、謄本を提出した時点でそれを知らせることができます。
このときに、資本金が大きければ審査に通りやすくなるわけです。
こうすれば、実際にお金がなくても融資によって調達することができますから、それによって会社経営をスムーズに行うことができるわけです。

少し考えれば誰にでも分かることですが、実際に資本がないにもかかわらず資本があるように見せかけて融資を受けるのは、詐欺と同じようなものだと言えるでしょう。
融資をした金融機関としては、資本金があるという前提で融資を行っているわけですから、株式会社設立の時に見せ金を使われると、だまされたのと同じ事になります

ですから、これは違法だと言えるでしょう。
株式会社設立の時には少しでも資本金を大きくしたいと考えるのは自然なことですが、見せ金だけはするべきではありません。
もしもそれが知られると信用力を著しく落としますから、その後は融資を受けられなくなると考えられます。
そもそも違法行為ですから、株式会社設立の時には見せ金をせずに、たとえば現物出資などを活用して資本金を大きくするのが良いです。